Conference Partners

シドニーWorldPrideは、LGBTQIA+コミュニティの多様性が大会に反映されるよう、いくつかのコミュニティパートナーと協力しています。

The Community Partners will listen and engage with national (jump to Community Partners) and international (jump to International Conference Advisory Group) LGBTQIA+ community organisations to ensure the content of the Sydney WorldPride 2023 Human Rights Conference reflects key issues of concern and that the conference provides a space to progress work that produces meaningful next steps in the fight for equality. 

Our consultation with community ran from 12月 2021 until 4月 2022 and was led by Equality Australia working with other Community Partners. It consisted of an online survey supplemented by stakeholder workshops, to gauge and report on views about what would make the Human Rights Conference engaging and empowering for our communities, including themes, topics, speakers and experience. Download a copy of the What We Heard report as a PDF or Word document.

text reading "私たちが聞いたこと。コミュニティとの関わりシドニー・ワールドプライド。人権会議。2022年5月" 黒い背景にカラフルな正方形で表示

コミュニティパートナー

Equality Australia カラーロゴ 白背景

Equality Australia

LGBTQIA+の人々とその家族のための平等を実現するために活動する、オーストラリアを代表するLGBTQIA+の法律・人権団体です。

ACONロゴカラー白地

ACON

ACONは、「Pride in Diversity」「Pride in Sport」「Pride in Health and Wellbeing」というインクルージョンプログラムを通じて、400を超えるオーストラリアの大企業、スポーツ組織、ヘルス&ウェルビーイングサービスプロバイダーをまとめ、LGBTIインクルージョンのあらゆる側面でサポートしています。

AFAOのロゴはオレンジ色で、黒文字で "Australian Federation of Aid Organisations "と書かれています。

AFAO

AFAOは、オーストラリアのコミュニティHIV対策の全国的なピーク組織で、アジア太平洋地域において、アドボカシー、政策、健康増進を通じて、HIV予防、教育、支援、研究に対する認識、理解、積極性を高める活動を行っています。

カラーのAPCOMロゴ

APCOM

APCOMは、アジア太平洋地域をリードする非営利団体で、35カ国のコミュニティベースの組織と協力して、教育とイノベーション、アドボカシーとリサーチ、コミュニティ・エンゲージメントとエンパワーメントに取り組んでいます。性的指向、性自認、性表現、性特性に関する人々の生活に影響を与える問題に焦点を当て、優先的に取り組んでいます。

カラーのBLAQロゴ

BLAQ

BlaQは、アボリジニ・トレス海峡諸島民のLGBTQ+コミュニティの認知度向上の必要性に応えるために設立され、オーストラリア全土のアボリジニ・トレス海峡諸島民のLGBTQ+コミュニティの共有、サポート、つながりを高めるためのネットワークです。

IHRAロゴ(紫

IHRA

Intersex Human Rights Australiaは、インターセックスの変異を持つ人々による、人々のための国家機関であり、オーストラリアにおけるインターセックスの人々の人権、自己決定、身体的自律性を促進しています。

LGBTIQ+ Health Australiaのロゴカラー

LGBTIQ+ヘルス・オーストラリア

LGBTIQ+の人々やコミュニティを支援する健康関連のプログラムやサービス、研究を提供する組織や個人のための、オーストラリアの国立ピーク保健機関。

International Conference Advisory Group

名前Organisation
Ryan Joseph FigueiredoEqual Asia Foundation
Dr Martin BlaisUniversity of Quebec
Dr Brenda AlegreHong Kong University
Ruth Baldachinno AstraeaLesbian Foundation of Justice
Dr Yvette AbrahamsLesbian human rights activist, environmentalist
Zhan ChiamTGEU (Transgender Europe)
Kevin HaunuiTiwhanawhana Trust
Matt BeardAllOut
Lana WoolfEdgeEffect
Graeme ReidHuman Rights Watch
Maria SjödinOutright International
Kihmali PowellRainbow Railroad Canada

よくあるご質問

Applications for proposals to present or activate at our Human Rights Conference were open from 29 8月 – 16 9月 2022. Successful activators were notified of their success in late 10月 2022, while successful presenters will be notified by the end of 11月 2022.

Another great way to be part of the Human Rights Conference or other Sydney WorldPride events is to volunteer. To find out more, head to the Volunteers page, click here.

We undertook engagement with our community through an online survey, dedicated sessions with Community Partners and a call-out for applications to present. Selection of groups, organisations and topics was made based on alignment with consultation and whole-of-festival programming principles.

コミュニティ・パートナーには、オーストラリアとアジアの代表者が含まれ、世界的に広範なネットワークを持つ組織も含まれます。国際的に活動するLGBTIQIA+や人権団体は、国際会議アドバイザリーグループの一員として、以下のようなものが含まれます。

Ryan Joseph Figueiredo - Equal Asia Foundation
Dr Martin Blais - University of Quebec
Dr Brenda Alegre - Hong Kong University
Ruth Baldachinno Astraea - Lesbian Foundation of Justice
Dr Yvette Abrahams - Lesbian human rights activist, environmentalist
Zhan Chiam - TGEU (Transgender Europe)
Kevin Haunui - Tiwhanawhana Trust
Matt Beard - AllOut
Lana Woolf - EdgeEffect
Graeme Reid - Human Rights Watch
Sjödin - Outright International
Kihmali Powell - Rainbow Railroad Canada

We want the Sydney WorldPride Human Rights Conference to reach everyone, which is why we will have a range of opportunities for virtual as well as face-to-face participation. That’s why The Human Rights Conference will be available to view through two free virtual channels:

  1. Live stream – open-source livestream of the plenary and mainstage sessions
  2. Virtual platform – register-to-view livestream of all plenary and break-out sessions, including moderated group chat, real-time Q&A and on-demand access for one year post-event

Registration for the free virtual platform will be available from late 1月 2023. To stay up-to-date, please subscribe to the Sydney WorldPride newsletter (click here). If you require a VPN to participate virtually from a hostile country, please email [email protected].

A portion of the conference agenda was reserved for community members to present their work, share their insights and participate in the forum proceedings. Applications to present or activate at our Human Rights Conference were open 29 8月 – 16 9月 2022, and successful applicants have been notified.

コミュニティ・パートナーは、国内外のLGBTQIA+コミュニティ組織の意見に耳を傾け、関与することで、「SWP2023人権会議」の内容が関心のある主要な問題を反映していることを確認し、会議が、平等のための戦いにおいて有意義な次のステップを生み出す作業を進めるための場となるようにする。 

ヒューマン・ライツ・カンファレンスのコミュニティ・パートナーには、オーストラリアで最も尊敬されているLGBTQIA+の団体が多数含まれています。  

-
-LHA (LGBTIQ+ Health Australia) -LGBTQIA+コミュニティを支援する健康関連プログラムと研究の全国的なピーク組織。
-BlaQ Aboriginal Corporation- LGBTIQ+ Mobのための共有とサポートのネットワーク。
-ACON (Pride in Diversity, Pride in Sport and Pride in Health and Wellbeingを含む)オーストラリアの大手雇用者、スポーツ組織、健康と福祉のサービス提供者400人以上が集結。
-Equality Australia -オーストラリアを代表するLGBTQIA+法および法的擁護団体
-APCOM Foundation- アジア太平洋地域を代表する非営利団体で、教育・イノベーション、擁護・研究、コミュニティ参画・エンパワーメントの分野で、地域内35カ国のコミュニティベースの組織と協力し、性的指向、性同一性、表現、性の特徴に関する人々の生活に影響を与える問題に焦点を当て、優先的に取り組んでいる。
-Intersex Human Rights Australia(インターセックス・ヒューマン・ライツ・オーストラリア)- インターセックスのバリエーションを持つ人々による、また人々のための国の団体で、オーストラリアにおけるインターセックスの人々の人権、自己決定、身体的自治を促進する。
-Tuisina Ymania Brown(トゥイシナ・イマニア・ブラウン) - サモアのファアファフィン、有色人種のトランス女性。ILGA world の共同事務局長、Copenhagen WorldPride 2021 の諮問委員会メンバー、International Trans Fund の元共同議長。
-ペイジ・バートン(Paige Burton) - Foundation for Young Australians(オーストラリアの若者のための財団)のCivic and Cultural Engagement(市民・文化活動)ディレクター。元People with Disability Australiaの副会長。元オーストラリアン・プログレスのオペレーション・マネージャー。

シドニーWorldPrideは、会議の運営やコミュニティ参加の経験を持つLGBTQIA+人権問題の専門家の支援を求めるため、一般入札を実施しました。オーストラレーシアの主要なLGBTQIA+人権・健康団体6社がコミュニティ・パートナー・モデルを提案し、InterPrideとSWP/SGLMG First Nations Advisory Committeeの代表者を含むパネルが審査しました。入札案はSWP理事会に提出され、受け入れられました。 

国への謝意

シドニーワールドプライドは、シドニー盆地の伝統的管理者であるガディガル、カンメライガル、ビジガル、ダルグ、ダラワルの人々の土地で開催されます。

私たちは過去と現在の長老たちに敬意を払っています。昔も今もずっとアボリジニの土地です。

アボリジニ&トレス海峡諸島民は、オーストラリア全土の様々な氏族やコミュニティから集まっていますが、2023年には、世界のLGBTQIA+コミュニティと一緒に祝うために、一つになります。