スティーブン・サトゥール(彼/彼女)

先住民族の起業家、全米NAIDOC委員会メンバー

先住民族の起業家であるスティーブン・サトゥールは、中央オーストラリアのヤンクニジャジャラとピッジャンジャジャラの出身です。マーケティング、イベント、プロジェクト管理の分野で15年以上の経験を持ち、教育、非営利団体、観光、雇用、中小企業などの分野で幅広く活躍しています。教育、非営利団体、観光、雇用、中小企業などの分野で豊富な経験を持ち、先住民のアーティストやグループと協力して、オーストラリア先住民の社会的・経済的福祉にプラスの影響を与えるような成果を上げてきた実績があります。先住民族の文化を祝い、受け入れることで、すべてのオーストラリア人が一つになれると信じている。

また、シドニー市のアボリジニー諮問委員会の共同議長を務めたこともあり、全米のNAIDOC委員会にも参加しています。

Steven Satour氏のヘッドショット

国への謝意

シドニーワールドプライドは、シドニー盆地の伝統的管理者であるガディガル、カンメライガル、ビジガル、ダルグ、ダラワルの人々の土地で開催されます。

私たちは過去と現在の長老たちに敬意を払っています。昔も今もずっとアボリジニの土地です。

アボリジニ&トレス海峡諸島民は、オーストラリア全土の様々な氏族やコミュニティから集まっていますが、2023年には、世界のLGBTQIA+コミュニティと一緒に祝うために、一つになります。